ジェラートを通じてできること何か?


 

 

 

あなたが想像している様な、

よくあるジェラートショップではありません。

​私たちはの仕事は大きく二つ。

一つは、自社ブランド

 

『 総天然氷菓 』

果皮を器にした最高級フルーツジェラート

「いつもでも美しく健康でいてほしい」

大切な方へ思いを込めたギフト。

​二つ目は、他社ブランド

世界でひとつだけのオリジナルアイス

作りをサポートすること。

 

15年ほど前の話、

美味しい食材を求めて、近所の農家を訪れていた時、

とあるイチゴ農家の方から、

『イチゴが余っているので、アイスにして欲しい』

『それを自分で売るから』

と言われた。

まだ、『6次産業化』という言葉すらなかった頃、

​その方は生産物を加工、流通、販売まで始めていた。

私が材料を買ってアイスを売るのではなく、

生産者から材料を提供してもらい、

オリジナルアイスを作って、

生産者自身に売ってもらう。

それまでの農産物といえば、

規格外品や傷物は当たり前のように破棄。

味は全く問題ないのに、

もったいないなぁと感じていた。

これがきっかけとなり、

『 食物ロスを削減し、価値のある商品を生み出す。』

 

私たちの今のスタイルになった。

その後、国や市町村の『6次産業化』支援もあり、

産地による農産物の付加価値の増大、

農業者の経営の多角化、若い世代も増えてきて、

オリジナル商品作りが、スタンダードになる。

この動きに合わせて、私たちの仕事も口コミで広がり、

今では多くの農業者と協力し、

本当に価値のあるオンリーワン商品

 

を発信し続けている。

【 取り扱い農産物 】

苺、ブルーベリー、梨、栗、杏子、ぶどう、さつま芋、トマト、リンゴ、

すもも、いちじく、みかん、キウイ、トウモロコシ、枝豆、きなこ、バナナ、

米、マンゴー、柿、バターナッツ、ポポー、卵、えごま、かぼす、柚子、

メロン、パクチー、小松菜、里芋、かぼちゃ 等

他にも、日本酒、酒粕、醤油、味噌、抹茶、ほうじ茶など

加工品を用いて作ることも可能。

『ジェラートにできないものはない。】

​一度、ご相談ください。

チェリーポプシクル

GELATO MAESTRO​

池田順也

IKEDA JUNYA

 

先代の後を引き継いだ2代目。

1982年生まれ熊谷育ち。高校で単身アメリカへ。

帰国し神奈川大学を卒業後、オーストラリアへ。

ケアンズで旅行会社に就職しツアーガイドして活躍。

帰国後、飲食店、花屋を経験し、

25歳の時、父の会社を手伝う為、熊谷に戻る。

他店での修行経験はなく、全て独学。

野菜ソムリエの資格を持ち、

​野菜やフルーツの特性を見極め、

素材の良さを最大限に引き出す

ジェラート作りを行う。

また、

ただアイスを作るのではなく、

商品の企画やデザイン、販売方法など

マーケティング全般をサポートしている。

オンリーワン商品を作る為、

小さなジェラート屋ができる可能性を日々模索中。

ADDRESS

〒360-0833

埼玉県熊谷市

​広瀬650-1

HOURS

 

OPEN 月~土

10:00〜17:00

​CLOSED 日・祝日

CONTACT

 

junya.japan.198284@gmail.com

Tel: 048-525-2044